日本人が知らないニッポン~あとがき~

シェアする

あとがきの前に・・・笑

メキシコの猟師のちょっとした小話

とあるメキシコの田舎町・・・

海岸に小さなボートが停泊していた
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた

旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと

漁師は「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やってギターを弾いて歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として君にアドバイスしよう
いいかい、きみは毎日もっと長い時間漁をするべきだ。それであまった魚は売る
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり儲けも増える
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越しロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう君はマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから?そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで日が高くなるまでゆっくり寝て 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり奥さんとシエスタして過ごして夜になったら友達と一杯やってギターを弾いて歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

この話の面白さはお金は手段(道具)であって生きる目的にはならないんじゃね?というメッセージだと思う。お金というのは凄いシステムなわけだけど、いずれにせよ何かを実現するための手段という役割にしかならないということをここで断言したい!!

【thinkerのあとがき】

これを初めて読んだのは今から5年ぐらい前だったかな?

はじめは「まっさかぁ~!」とかそういうレベルだったけど、「まじか?まじなのか?」とのめり込んで色々ネットで調べまくったのを今でも覚えている

特に9.11は衝撃だったなぁ・・・

また、ロスチャイルドの中央銀行支配(通貨発行権)は歴史の中の戦争とお金の関係を調べれば納得できた(ネイサンの逆売りで検索すると色々な説が出てくるよ!ほんで金融の世界はもうマネーゲームそのもの!)

ケネディ暗殺から9.11に至る信じられない出来事にはじまり、温暖化詐欺などなど・・・

何が本当で何が嘘なのか?

情報が氾濫している現代で、一個人の俺にはうかがい知れない現実がある

でも、これだけは言えるのは資本主義が全て正しいわけじゃないし、ニュースや新聞が絶対というわけではないということ!

相手国のことをよくも知らないでメディアが流す情報をそのまま受け入れるのはあまりにも偏った考え方になってしまう。(もちろん、thinkerに書かれていることも全て正しいというわけでなく、その情報の本質を考えることが大切ということ)

ずっと不思議に思っていた・・・

ずっと不思議に感じていたことがこのthinkerをキッカケに考えることができた!!

結論は「歴史は決して一つではない」ということ

色々な見方や捉え方、考え方があっていいと思う!でも決してやっちゃいけないのが先入観を持った偏見やね!

人間関係も一緒やなぁー!

(気をつけよっと!笑)

これからも多角的な視点で物事を見たり、感じたりしながら本質を見抜く力を磨いていこうと思う!!

そしてこども達に広い視野に立って世界の本質を見て欲しい!!

良質の情報との出会いは人生を根本から変える時がある(青木仁志)

常日ごろ云う海土里の「お金をあまり必要としない生き方」とは「お金と情報に惑わされない生き方」に通じる

ニュースで為替と株などの値動きが毎日報道されているけど、「お金をあまり必要としない生き方」が実現したら、これらには全く動じない!例え国家破産が起きようとも動じない!!

まさに地に足をつけて生きる!

そういう生き方を海土里は目指すんだ!!

そういう生き方がしたいんだ!!

住宅ローンをはじめ、光熱費などの固定費を極限まで下げることを目標にしている!

何に価値を置くのか?

これは人生の大きなテーマだと思うが海土里は自由で豊かな自給自足ライフを目指して日々精進していく!!

こんな海土里ですが、そんな海土里を応援してくださってる方、これからもどうぞ宜しくお願い致します!!(^.^)