怒涛のセルフリフォーム~収納番外編~

シェアする

これは自作の移動式ツールステーション。外した全面のコンパネは馬に乗せると作業台になる。ここに電動工具、左官、電気、水道、塗装道具など全て収まる。

(今後は壁にフックを付けたりとカスタマイズしていく予定)

ここに住んで4か月経ったけど道具はほぼ揃った。

(あとは電動カンナが欲しい。どなたか不要なのがあったら譲って下さい!)

義父が昔リフォームを少しやっており、とにかく道具がたくさんあった。

「ひろゆきさん、これ持っていきな!」とチェーンソー2台、刈り払い機2台、ガソリン携行缶、ポリタンク5つ、建築用バケツ5つ、スコップ6個、ツルハシ2本、ディスクグラインダー、ドラム、延長コード、投光器、工具がまるごと入った工具箱×3、ブルーシートからトラックシート、イナバ物置まで

etc・・・。

実は買ったのは丸ノコと振動ドリルと細かいものぐらいであとはほとんど頂きモノで済んでしまったのだ!

本当にこれはありがたいことで、さらに知り合いから未使用のタイルや御影石なども沢山譲ってもらった

既存のキッチンは幅が170㎝しかなく調理スペースがめちゃくちゃ狭かったのを頂いたタイルで拡張。その下を二重窓を作ったポリカボネートの端材で食器棚のドアをつくる。

対面にはタイルのミニカウンターもこしらえた。

吊り戸は地元の友人が譲ってくれたモノ。取り付け時「押さえてて!」と妻に手伝ってもらったが、支えてる時のあまりの重さに今までの不満が爆発・・・。

この薪ストーブは買ったよ!!笑

でもまわりの御影石は頂きモノ

ここは元々、テニスコートがあった場所で敷地が1000坪ほどある。

この小屋は管理室でそれを前オーナーが改装してちょっと泊まれるようにしたのを今回完全に住居にリフォームしたのだ。

これはそのイナバ物置。妻の実家から義父の軽トラで運んだ。他のも入れたら結局軽トラ3台分もの資材やら道具があったかな。

ちなみに物置の下の土間打ちにも頂いた資材が使われている。作ってる様子の写真はない!

(あと10畳ぐらいある倉庫もあるけど、そこの土間打ちも写真撮り忘れた・・・テヘッ)

結局総リフォーム代は179,074円だった。

そして今や廃材がだいぶ集まるようになって来た!!

角材はじめ、スライダー、トタン、ブロック、タイヤなどを譲ってもらえる予定だ!!

あと、割栗石だね!(早く取りに行かなくちゃ!汗)

あとはビルダーの方たちの力をお借りしたいです。

当初、ベルテント(約18畳)に寝泊まりしてもらおうと思って1回張った

それがこれ!

だけど、ここ海土里は強風エリア。暴風雨が来たときには、時すでに遅し!

キレイにしまうこともできず、取りあえずセンターポールのみ畳むことに。

それが大失敗・・・。雨が降るとあまりに巨大なため重量がハンパではなくなり、動かせず。

そのまま放置していたら黒カビが発生してしまった・・・。

痛恨の後悔・・・くぅぅぅ~泣

仕方がないので、現在はビルダー用の賃貸を探している。

それが見つかり、役所関係の手続きなども全て通ったら建築スタートしたいな♪

【番外編】

ご近所に住むFさん。出会いは家族で土地を見に来ていて、Fさんはイノシシ罠を確認しに来た時だった。

この土地の情報を聞いたら「ここは山風も強いし、猪も出るし小さい子もいるんじゃやめといた方がいいよ」とアドバイスをもらう。

それからしばらくして来られた時に「ホントに買ったのか!この土地!」とびっくりされてからのお付き合い!笑

(いつも野菜をわけて下さりありがとうございます!)

で、写真は筍取りに連れて行ってくれた時の様子

かご一杯にわけて下さり、感謝感謝!!家の近くにもノビルがあったりしてお浸しや素揚げで食べたりと、まだ自畑からは収穫はできてないけど色々と頂きものがあり、ホントにありがたいっす。

4カ月しか住んでいないけど、お金をあまり必要としないコミュニティや環境が確かにここにはあると感じる。(あ~早く俺も自畑からおすそ分けしたいぃぃ~)

3年前まではお金がないと田舎暮らしはできないと思い込んでいた。

でも決してそんなことはなく、考え方(捉え方)と行動1つで豊かな暮らしができるのではないかと実感しはじめている。

「自由で豊かな暮らし」とはいったい何なのか?

誰のために何のためになぜ働くのか?自分が本当に求めているものは何なのか?

人生は厳しいと教えられたけど、果たして本当にそうなのだろうか?

自分のやりたいことをやる人生はダメなのか?

一度の人生、二度ない人生・・・

せっかく頂いたこの命・・・燃え尽きたい!

ファイヤー!!

移住者交流会のおせっ会のメンバーたちと猪BBQを海土里で開催。

30名での大パーティーとなった。

次回は「はじめてのイノシシ解体~命を頂く編~」です!お楽しみに!