アースバッグ建築③~丸太梁の切り出し編~

シェアする

アースバッグ工法は面白い♬

積み上げていくだけなんだけど色々と細工もある

例えば地震による横ずれ防止策は写真の通り15㎝の鉄筋を1mスパンで打ち込み上下を連結させる!

アースバッグ自体ももの凄い重量なので安定はしているが更に固定させる!

また円形にすることにより揺れが分散される!これは非常に大きい!

円形にするだけでアースバッグは地震に強いといえるだろう!

連結方法に関してはこれ以外にも有刺鉄線や尖った石などを使う方法もあるが今回は鉄筋を採用した!

これは排気口で換気扇を取り付け、もう一つ給気口を設ける!

ポイントは給気口は絶対南側!北側では湿った空気を取り入れてしまうからね!

床下の湿気はとにかく大昔からの課題

お寺などの作りをみると先人達は最低でも60㎝以上床下を高くして全面開放にし風が吹き抜ける作りになっている

アースバッグの難点としては周りをぐるっと囲うのでそれが出来ない!

床下換気扇で強制換気をして対策をとることにした

これは床下へRCを敷いているところ

地盤を固める目的だが、これも湿気対策の一つとなる!

約2.5tのRCを男三人で降ろす!!

水平になるように均等に均す!

上から転圧!

ランマーという機械で丁寧に!

この上に防水シートを敷く予定!

石がそのままだとシートが破ける可能性があるので保護砂を入れたところ!

これはアースバッグの梁と大黒柱の丸太の切り出しを行っているところ♬

受け口を作り、反対側がら一気に切る!!

その様子はフェイスブックの動画を見てね♬

バキバキ!ズッド~~~ン!!

轟音と共に20m級の杉の木が倒れる!!

今回、伐倒にあたってくれたのがおせっ会でお世話になっているFさん

重機のプロで何でも出来てしまう達人だ!

俺も倒すだけなら出来るけど何せ森の中・・・

木と木の間を狙い正確に倒さなければならなかったため今回頼むことにしました!

Fさん

ご協力ありがとうございました!

5mの梁を2本と3mの柱1本に切る!

丸太の直径はなんと40㎝!!太いねぇ~~!

何百キロあるのか分からないけど、男三人と軽トラで崖下20~30mからの引き揚げに成功!!

あとは運ぶだけ♬

海土里到着!!

今回の作業で苦手なロープワークも少しは上手くなった♬

エックスメソッド!!

こ~~んなに太くて重い丸太も単管パイプを使いエックスにして二人で上げればあがるもの!!テコの原理は凄いね!!

やったー!!!

【あとがき】

こうしてみると簡単そうに見えるが引き上げるのにエライ苦労した・・・

1回目はダメでもう諦めて材木店から買おうかな?と思ったほど。。。

だけど、諦めず挑戦して良かった!!

今回、Fさんはじめ、猟師のFさんにも助言を頂いたり、声掛け要員として協力してくれたリサちゃんや娘にも感謝したい!!

さぁ~これから皮剥きとテンパネ&背割りや!!