アースバッグ建築①~基礎作り編~

シェアする

いよいよ、アースバッグ工法の建築がスタート♬

まずは「遣り方」といって建物の外側に杭を打ち込み、水盛りして水糸を張る!!

↓鶏小屋の関連記事

先月Fさんのご紹介で鶏10羽をUさんから譲って頂けることになった 但し、9月にお引越しされるので8月中に鶏小屋を完成?させたい...

そして基礎の部分を30㎝掘り下げる

掘る理由は凍結深度といって水分を含んだ土が凍って膨張し建物に影響を及ばさないため

雪国では1m近く掘る地域もあるほど!!

地盤が固いところまで掘る意味もあるけど、凍結深度は大変重要なのだ!!

ご近所のFさんよりユンボをお借りしてガンガン掘る!

目印を頼りに慎重に掘り進めていく♬

残ったメンバーは掘った穴をキレイにしていく!!

これがキツイんだよねぇ~

中央の女性はリサちゃん!11/1から来てくれた最初のビルダーだよん♪

お次は掘った穴に割栗石という固い石を並べていく!

横に並べるのではなく、縦に地面に突き刺さるように置いていくのがポイント!

この割栗石もいつもお世話になっている業者さんから譲ってもらったもの

↓関連記事はこちらから

館山でアパート暮らしをしている時、『資材を集めて家をセルフビルドで建てたいんです!』とチラシ片手に材木店回りをしていた その中...

ビッシリ敷き詰める!!

今回目潰し砂利として選んだのがRC 0-40(ゼロヨンジュウ)という再生砕石!

コンクリートなどを細かく機械で砕いたもので強度はバッチリ!0-40というのは大きさを表し、0㎜~40㎜の砂、石がありますよ!という意

目潰し砂利をある程度水平に均したあと、レベラーという機器で水平を見る!!

左、レベラーを見ている方はデュニヤマヒルのオーナーアキラさん♬

11/7~15まで滞在して下さり、様々な指導をして頂きました!!

アキラさん

ホントにありがとうございました!!

水平が確認出来たところでランマーという機械をレンタルして転圧をかける!!

人力では10㎝だがこの機械は30㎝厚まで転圧が可能らしい!!

ズドドドドド・・・!!初めて使ったけどめっちゃ楽しい!!

巨大トイレットペーパー

作・アキラさん

というのは冗談でこうするとアースバッグが引っ張りやすいので作ってくださった!

鉄筋を地面に打ってるので固定もバッチリ!流石アキラさん!

砕石を敷いたあと塩化ビニールの土間シートを敷きその上にアースバッグを置いていく

シートは下からの湿気対策!

便槽を埋めるための巨大な穴を掘削中!

硬い岩盤に当たったらどうしよう~~と不安の中、掘り進めていく

途中からアームが届かなくなりSさんに入ってもらった♬

じゃ~~ん入った!

でもこれがめっちゃ大変で排水管、うんちやオシッコが流れる縦の管の芯を排水芯と呼ぶんだけど、高さが合わない・・・

う~ん、と唸ること数十回・・・

え~い!悩んでいても仕方がない!埋めてまえ!!ということで埋めたはいいがやはり10㎝高かった・・・涙

埋める時、タンクが浮かないよう水を一杯に入れ、周りには砂を入れ水を使い締めていく

トイレの取付時、高さ調整で大変苦労することが予想されるけど、

思い切って全部の床上げちゃおうかな?今ならまだ間に合うし!笑

失敗は失敗で仕方がない!最新の注意は払うが恐れずにガンガンいくぜ♬

【番外編】

これは貴重やろぉ~笑

市川の自宅を売却中、建築現場で働いていてそこで知り合ったMさん!

実はもの凄いクリエーターでホームページのPVなんかも超ぉ~ハイクオリティに作ってしまう!今回、ウチのホームページのPVを担当して頂くことになりました!

写真は薪小屋の製作のお手伝いをしてもらっているところ

Mさんのお友達のKさん(音楽担当)も丸ノコで木材をカット!

その後、完成したのがこちら!

お二人とも、その節はありがとうございました(^.^)

その晩、ゲストハウス(BB)にて猪BBQ♥

お二人ともご満足して頂いたみたいで良かった(^^)

これはいつも家族ぐるみでお付き合いさせてもらっているOさんより大量のシジミを頂きました!Oさんありがとうございます(^.^)

土留めした下の部分

排水をスムーズにする為に側溝作り!

担当はSさん!僕はほんのちょっと最後にやっただけです・・・笑

Sさん、いやYさんと改めありがとうございました(^.^)

【あとがき】

移住前の3年間、俺は必死だった!

妻子と住宅ローンを抱えながら田舎へ移住しどうやって生計を立てるのか?

あまりにも理想と現実が離れていて、その葛藤は大変なものだった・・・。

妄想に近いことを考えてはなんとか出来ないかと可能性の追求を毎日していた

ネットで調べたり、人に聞いたり、本を読んだり、実物が見たくて現地へ赴いたり・・・

それこそ死にもの狂いで模索した!

 

自分は何のために生まれ、何のために死んでいくのか?

自分は誰のために何のために何故働くのか?

自分が本当に求めているモノは何なのか?

それこそ毎日毎日自分に問いかけ、出てきた答え!

何故だかわからないけど、15歳の時からずーっと思い続けている「自給自足」へ想い・・・

それが今、この海土里でもの凄いスピードで現実化していっている!

内から湧いてくるこのエネルギーはもう誰にも止められない!!

俺は決めたんだ!!

俺は絶対にやり遂げる!!!

海土里の熱い挑戦はいつもでもつづく・・・